Twitter きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行! p_typo | きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行! (@p_typo) のツイート

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

@kzhr 制度がどんどん複雑化している気配…

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

#texconf2020 順調な滑り出し

🎉 I submitted a English manual of pTeX to CTAN, named "Guide of pTeX for developers not interested in Japanese" (pt… twitter.com/i/web/status/1…

🎉 pTeX の英語マニュアル “Guide of pTEX for developers not interested in Japanese” 初版をリリースしました。日本語組版の説明は**一切なし**で
・カウンタなどのレジ… twitter.com/i/web/status/1…

展示にあった資料。写植文字の参考価格。
これだけ打つだけで2,500円なのか…

#oskdtp1019 pic.twitter.com/PKx6iGoDx0

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

そんなのが制度化されているとは知らなかった

@kawauSOgood @manju1635 あ、まんじゅ先生がおっしゃってるシステムです。
論博だと話は別かもしれませんが、課程博士の場合、所属では満期退学とったら退学後も3年間博論を出す権利があります。中途退学であると博論出… twitter.com/i/web/status/1…

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

組版の美醜は目的でなく結果
「美しい日本の組版」だの「あるべき組版」だのはセンスが合わないなぁ

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

@golden_lucky 著者側でなく編集側の作業面が多いように感じる…
文芸とのギャップなのかも

序盤:投げるフリしてもひっかからないねこ
終盤:投げるフリしつつおもちゃを背中に隠したら混乱したねこ pic.twitter.com/EOVhOLrjPj

【書影公開】
『物語を書く人のための推敲入門』
ラリー・ブルックス=著
誰も教えてくれなかった推敲の教科書。
推敲のスキルを身につけたものだけが、欠点を長所に、没原稿を受賞作へと変えることができる。
一歩差をつける推敲の方法を、こ… twitter.com/i/web/status/1…

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

@Mugi_foam めんたい雑炊に変更!

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

@hakubaouji 残念!

アポー的には14日以内か…
apple.com/jp/shop/help/r…

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

@hakubaouji 返品は?

山口大学で行われる年に一度の勉強会「クリエイティブハント」に来ました。

いつも自己満でちょっとした差し入れをしています。今年は自分の好きな栗のお菓子にしてみました。ラベルを作って市販のものに貼っただけです。スタッフの皆さん良かっ… twitter.com/i/web/status/1…

IPSJ 学会誌のディジタルタイプ特集にバァリアブルフォントの記事を寄稿しました。特集記事の最初の1ページは、fujisan.co.jp/product/1377/ とか
viewer.morisawatcs.com/webtrial/data/… とかで読めるらしいよ。

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

子供に判断させるのはよろしくない

Obsaylej reasonably small
きえだ ゆうすけ@『数式組版』ラムダノート社より刊行!@p_typo

科研費書類で一部ザワついているみたいやけど,事務を通さなければならないことを問題視しないのやろか.