Twitter 蔓 periwinkle099 | 蔓(periwinkle099) / 2018年12月のツイート

Npalhlii reasonably small

でも友人には「リパさんが東京に行く時は全部解決してから美味しいもの食べにとかそういう理由がいいよ!」と怒られてしまった。ごめんなさい

Npalhlii reasonably small

樺太編がここまで長くなると思ってなかったから、15巻くらいのときは樺太の後は中央編が始まって「アシリパさん、東京へーー」となり、その時軍の上層部との橋渡しを担当するのが鯉登くん尾形あたりになって杉元は軍のお偉いさんと再婚している梅ちゃんと再会し…みたいな妄想はしたことがあった

Npalhlii reasonably small

来年の抱負は明治村と旭川に行きたい

Npalhlii reasonably small

年明け早々すごいことになりそうなので、来年も尾形の物語を見届けたい精神で行きたいと思います

Npalhlii reasonably small

今年はknkm、尾形のことをめちゃくちゃ考えた1年でした。半年くらい一人で壁打ちして満足してたんですけど、この垢を作っていいねRT等反応頂けたりお話し出来たり凄く嬉しかったです。好き勝手言ってるのでもっと怒られるかと思ってたんですけどまったくなくて大変優しい

Npalhlii reasonably small

これは「尾形にとって造反組は割と仲間で、最序盤に全員失ったため今孤軍奮闘になっているのか…?」からの着想でした。連想ゲーム

Npalhlii reasonably small

ウイルクには信頼できる成人したアイ又の誰かにも金塊の使い道(暗号の鍵)を託すとか、そういう選択はなかったんだろうか…と思ってたんですけど、このあいだふと「もしかして、そういう信頼した北海道アイ又の仲間がそもそも最初の惨殺事件でみんな亡くなってるのか…?」という考えが浮かんだ

Npalhlii reasonably small

アシリパさんが考える必要はないとは言わないけど(アイ又の未来をアシリパさんが考えたい、置かれている状況をちゃんと知りたいというのはそれも道理なので)、アシリパさん「だけで」決めることでもないのでは、というか

Npalhlii reasonably small

アイ又の金塊なのだから、アイ又がどう使うか、あるいは葬るか決める権利があるというのは道理なんですが、今のままだと北海道アイ又の総意をアシリパさん一人が背負ってる構図になっているように私には見えて、それはやや不自然じゃないかと

Npalhlii reasonably small

暗号の鍵というか、金塊の使い道あるいは使わないかの選択をアシリパさんに一任されている構図が不自然だと感じてたんですよね。杉元は「あの子じゃなくてもいいだろう」尾形は「お前が背負うことはない」とそれに近いことを言うんだけど

Npalhlii reasonably small

年末くらい物騒な話をするのはやめて「ここが可愛い〜〜」みたいな話題をしようかなと思ったのだけど、すると年明けに溜めておいた悶々とした思考を流すことになり、いやここは新年(アシリパ)早々こそ穏当な発言を心がけるべきか…?みたいなことを考えている

Npalhlii reasonably small

数日前の自分と解釈違いを起こすけどまた数日後には自分の文読んで「このひと話がわかるな」ってなる。やっぱり「いやこれは違うな…よくなかったな…」となることもある

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk メタ読みになってしまうんですけど、死なないとは思うんですよねえ

「再会」の意味するものもまず杉元とリパさんを指すだろうと思っていたところあれだったので、また大多数が想像する展開から絶妙にズラしてくるのでは、とただただ待ちの姿勢です

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk ああ〜そうですね今のところ気配が喪失している亀蔵……

尾形が嬉しそうで何よりなんですが次回どうなるかは読めませんね〜〜遠距離だと尾形の、近距離だと杉元のワンサイドゲーム(ゲームじゃないんですけど)になってしまうので対等な戦いを描くのが難しいと思うんですよね

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk 夏太郎くんは逆に言えばOVAには出て声もついているので別のOVAにも出れるという可能性に期待したいですね…!

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk 尾形は杉元や谷垣と比較すると戦争で変わったみたいには捉えられにくいと思うんですけど(戦争以前の問題というか)「心が戦場にいる」というの、そういうところなんでしょうね >銃を抱えて眠る

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk ああ〜子守歌音声で聞いてみたかったですねえ。蛇だけでなく稲妻夫婦が特装版みたいにOVAになったりすると嬉しいんですけど

寝顔が可愛いんですよね

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk 交響曲第5番ですか!?それは壮大ですね…でもアニメでやる前にあんこう鍋の回はBGMに賛美歌流したいなと思ってました

Npalhlii reasonably small

私がアニメにするなら絶対 双眼鏡覗くところからドクン…させてジャーンジャーンとイントロ流すもん。「やっぱり生きてたか」で暗転してあのED突入ですよ

Npalhlii reasonably small

アニメ2期のEDの曲の依頼とリパさんの手と杉元の鼓動の構図がノッダ先生直々だということを踏まえて、185話ラストを考えると本当とんでもないな…ってなる。鼓動だけがなっていた…それだけを信じていた……

Npalhlii reasonably small

イギーさんのこちらの記事の尾形の「問い」の本質、リパさんの185話の尾形への問いもこれになるよなあと思いました。リパさんはわからなかったから聞いたのではなく、「キロ達に言えない事情があるからだろう?」という含意で問いを投げている
twitter.com/blacksabbthvol…

Npalhlii reasonably small

リパさんの数々の提示拒否ガールっぷりを考えるとむしろ今回のすぐに「言えない」と返さず質問で返したのはかなり甘い判定というか、対話続行の余地があるのだけど尾形くんタイムアップもあり諦めモードだし杉元発見してテンション上げちゃうしなので「も、もぉ〜〜(好き)」だよ twitter.com/periwinkle099/…

Npalhlii reasonably small

最初の方、源間兄がかっこよすぎて途中で交通事故とかで死んでしまうんじゃないかと心配した。生きててよかった

Npalhlii reasonably small

ところでスピナマラダ!読みました。めっちゃくちゃ面白いな!?何度も声出して笑ってしまった

Npalhlii reasonably small

鶴見中尉も「心が戦場にある者」「親や血」両方のストーリーラインで描かれてるのでキーパーソンだよなあと思う

Npalhlii reasonably small

一方で尾形は「人間に/故郷に戻れない者、戦場に生きる者がどう変わるか、あるいは受け入れていくか」のテーマを杉元と、「親や血に背負わされたもの」のテーマをリパさんとで共通して持っていて、類似性が見られたり対比構図を感じる

Npalhlii reasonably small

@tomoyo_gk 従軍したので戸籍…和名があるはずなんですよね。名前の重要さが伺える話なので、気になりますね…

Npalhlii reasonably small

杉元とアシリパさんは似た者同士であるとか、対比として描かれていなくて、異なるもの同士が歩み寄りすれ違いながら絆を確立していく様子が描かれていると感じてる。類似とか表裏というより、両立ってイメージ

Npalhlii reasonably small

RT 私もその認識に近いですね

杉元とアシリパが物語の主軸を担う主人公であることは疑ってないがこの二人はそれぞれ別の物語を持っていて、二人の物語の間に立ってるのが尾形であると私は理解している