Twitter 蔓 periwinkle099 | 蔓(periwinkle099) / 2019年3月のツイート

Npalhlii reasonably small

RT 私の回答も近いですね…「正解不正解はわからないけど、尾があの場で納得するという意味では『そうですよね戦場ですから覚悟は必要ですよね』と従うか、この場で自分(勇作さん)が捕虜を殺すことにはなんの合理性もないことを説くかだと個人的には今は思うかなあ」みたいな返事をした

Npalhlii reasonably small

ここでいう一般的?とは友人が「カムが大好きです!」「尾が大好きです!」というように作品や特定キャラへ熱を上げているわけではなく、面白いから単行本の新刊が出てるのを知れば買うというスタンスであることを指します

Npalhlii reasonably small

単行本派の友と勇作さんトーク解禁会を開催したところ「あの丘で勇作さんがどう答えるのが尾形にとって“正解”だったと思う?」「もし勇作さんが捕虜の人を殺していたら尾形の勇作さんへの関心/心持ちは変わったと思う?」と聞かれ、一般的?にもそのあたりを気にするのだなあ〜と思うなど

Npalhlii reasonably small

@wulfenite_gold @golgolkamkam アニメDVD6巻特典ブックレットの中で監督×シリーズ構成の方の対談の中で監督がアニメで杉元を描くにあたって方針の決め手にしたnd先生のひと言として言及されてました〜

Npalhlii reasonably small

いろんな角度からライト当てたくなってしまう

Npalhlii reasonably small

一方で「共同体において周りに合わせて振る舞えないわけではないけれど溶け込むことはできない疎外感」「何者にもなれない」「何をしたところで、どれだけ能力があったところで誰も自分に期待しない」という孤独さや閉塞感はめちゃくちゃ現代的でもあるな、と思う

Npalhlii reasonably small

尾形の背景って父母の生まれや立場などあの時代だからこそという要素がめちゃくちゃ絡んでいるようにも思えるし、勇作さんとの関係にカインとアベルを連想する方が見られたり父殺し・神や罪の所在といった古典的王道な題材も見いだせるし、

Npalhlii reasonably small

鯉登くんのこともあしらってたし、宇佐美は軍の上下関係に重きを置いてないのかな。あるいは171話だったかで(暗号解読のために)軍から人間を攫ってきましょうか?みたいな発言があったことも考えると、鶴見陣営≠陸軍第七師団と認識してたら面白いな。月島や鯉登が軍人然としてるのとまた違ってて

Npalhlii reasonably small

ウサミン強いよな…心が…何者なんだろうな…そして情報を隠されたり出し抜こうとされた部下に「腹立つなぁ〜」と言いながら肩を貸すあたり特務曹長どのは結構寛容だ

Npalhlii reasonably small

長いな、ふせったーで言えばよかった

Npalhlii reasonably small

登別温泉編は菊田有古コンビの視点が主として進められていると思うんだけど、その「主」である彼らのバックがわからず彼らに追われる「敵対者」「ターゲット」として描かれている都丹の方の視点は割とわかるというのが話を一瞬素直に受け取れなくさせてたのだと思う。つまり私が斜に構えすぎ

Npalhlii reasonably small

→温泉編で都丹の戦法を一通り見たからもちろん「下駄の音」の正体もこっち(私、読者サイド)はわかっている。

Npalhlii reasonably small

一方で登別師団メンバーから追われる側である都丹に関しては硫黄鉱山での苦役からの失明であったり土方さんに信頼を寄せていた面であったりと経緯や人となりをある程度わかった気になれていて、例えば菊田サンは目が見えない按摩さんだったことには気づいても下駄の音の正体は結局掴めてないけど→

Npalhlii reasonably small

→ 4人ともに対して「君たちはどういう人なんだ?」という視点で読んでいたのかも。言葉の裏を探してしまうというか

Npalhlii reasonably small

菊田サン有古クンは初登場であるからもちろんとして、宇佐美も他師団メンバーの戦時回想に登場せず、どういう経緯理由で鶴見中尉を慕うに至ったのかバックが明かされていない。二階堂のここまでの経緯はわかるけどモルヒネによる退行を見ていたので今回跳ねっ返りで毒のある面がまた見れて新鮮で→

Npalhlii reasonably small

本当にただの私の感想でしかないんだけど、登別温泉編、読んでいていつになく「それはどういう意図の発言なんだ?」「これはこういうこと?で合ってる?」みたいに話の接続に一瞬頭が途切れることが多々あったのだけど、考えてみると登別師団4人のスタンスを私が確信できてないことが理由だったかも

Npalhlii reasonably small

すぐ掘り出しに行って生きて確保とか可能なのだろうか…でも雪崩があった場所にすぐ近寄るの危険すぎるよな…万が一…億が一生きて確保されてもどう考えても刺青剥がされてしまうコースまったなしで……オォン…

Npalhlii reasonably small

「逃すな」言ってたけど逃がさない方法はそれで良いんです!?刺青探してたんじゃ!?都丹の写しが存在するのは読者的には知ってるけども!と思ったんだけどそのへんはどうなんだ…?

Npalhlii reasonably small

超回復……🤔

Npalhlii reasonably small

アンマーが生きてたのノッダ先生の優しさを感じるし作品通したそのへんのバランス感覚好きだな…

Npalhlii reasonably small

現代の一般論で語るのは適切じゃないんだろうな〜と思うし、かといって「我々には結局彼女の気持ちはわからない」とするのも突き放しすぎてる/思考を放棄している気がしてしまって難し〜ね

Npalhlii reasonably small

アシリパさんの幸せについて考えてるときが一番(˙-˙)………シアワセ…トハ…ってなる。現代和人の感覚を押し付けないで考えるの難しい

Npalhlii reasonably small

今まで直後に発熱したのが164話と179話と187話なので、オガタじゃないのに食い込んできてる179話はやっぱりすごい回だし肉体が貧弱すぎる

オタク、爆発する感情に脆弱な肉体が付いてこないので体調不良に直結しがち

Npalhlii reasonably small

RT おっもしろいです

サヴェージは以下の事も付言している。「そのような規模の社会において、全能の超常的な人物が監視し、見守る中でコントロールしているという信仰が勃興する」。

パトリック・サヴェージは以下のように述べている。「極めて小規模な狩猟採集集団のような社会において、その成員は全員が顔見知りであり、他人が良き行いをするように目を光らせる事ができる。より大規模な社会においては多くの者が顔見知りではなくなり、誰を信用できるのかが分からなくなる。」

「神への信仰は、人口100万人を超えるような社会の出現後に現れる傾向が判明。」

これは相当な読み違い。英文記事の題は"When Ancient Societies Hit a Million People, Vengeful Gods Appeared(古代社会は人口100万人に達した時、応報の神が出現する)"であって、信仰そのものの出現の話ではない。 twitter.com/kbts_sci/statu…

Npalhlii reasonably small

公式の今週の一コマで「俺のおかげだ」が「今週の尾形はリングイン前」だったからああスチェンカに臨む杉元の対比なのだなあと当時思ったのだった。しかしまさか実際スチェンカもやってたとはね……