Twitter 蔓 periwinkle099 | 蔓(periwinkle099) / 2019年8月のツイート

Npalhlii reasonably small

そういえば「鶴見中尉に伝えろと言い残す言葉」で江渡貝くんの「鉄」と尾形の「満鉄」でワードだけだと若干被ってて面白いなと思ったのだった。尾形のは「鉄道」だし含意は全然違うけど

沢山のイイねありがとうございます☺️
ちなみに滅多にない抱っこされたとき pic.twitter.com/MwikJmTAnU

Npalhlii reasonably small

というかこのタイミングでの亜港の尾形劇場を否が応でも彷彿とさせる月島の暴露劇、さては単行本加筆修正でより対比させてくるやつでは???

Npalhlii reasonably small

6月の私が大体言いたいこと言ってた。気が合うじゃん……

尾形はさあ、すごいよ。単純に境遇を思うと「もう真面目に考えたり頑張るの馬鹿らしい」って流れに身を任せてしまってもおかしくない瞬間が生まれてから今まで何回も何回もあったと思うんだよな。でも何かはわからないけどまだ「なんか」しようとしてるんだなってことはわかるから、すごいと思う

だから尾形の言葉で事実を告げるのではなく、барчонокのワードのみを残し「鯉登が自分で考えて答えを導き出す」ようにしたのは納得したし上手いと思った。そうなれば尾形を信じる信じない、好き嫌いの問題じゃないから

尾形が鯉登に「花沢中将の自刃は鶴見中尉の工作」「誘拐事件は鶴見中尉のマッチポンプ」と直接告げた場合、鯉登は前提に尾形への反感と月島・中尉への信頼があるから言っている内容をすぐに信用できない可能性が高いと思う。むしろ言葉を尽くすほど自分を騙そうとしていると感じそう

Npalhlii reasonably small

RT 私へ
わかる

そう考えると、海軍将校である父に「お前を助けない」と言われ「自分が立派な息子でなくてすまない」と頭を下げる少年の姿にシンパシーを感じやすいのは月島より尾形になるよなあ、と。白帽子と黒帽子の反応

月島は父親に「どこまで俺の人生の足を引っ張れば気が済むのか」と言うが
回想当時の尾形や音之進少年は逆に「自分は父の人生の足を引っ張る存在である」という認識がありそう。「近衛であった父には世間体を考えれば浅草の芸者とその子供は疎ましく感じたのだろう」「オイは鯉登家の落ちこぼれ」

197〜200話回想時点で月島と尾形の境遇の相違点を考えたとき、月島にとっての父は「屑の中の屑」「あの子を死なせたクソ親父だけは殺せたので満足です」と、認識がとにかく最底辺で、島の人間という世間からしても「島の嫌われ者」。一方で尾形の父は世間にとっては立派な軍人とされている。

Npalhlii reasonably small

「大嫌いだ」と評していた尾形に対して「ひょっとして尾形は父親の自刃事件が工作だと知り義憤から鶴見中尉に謀反を起こしたのでは?尾形の行動には奴なりの義があったのでは?」と考える鯉登くんまーじで根が真っ直ぐだなって

Npalhlii reasonably small

本心じゃないはず、と言いたいわけではない

Npalhlii reasonably small

210話の月島にしろ、103話や187〜188話の尾形にしろ、206話の杉元にしろ、ごっかむでキャラが長尺で畳み掛けるように話す場面は本音の吐露であると同時に自分で自分に言って聞かせてるような(これが本音だと思い込もうとしているような)印象を受ける

Npalhlii reasonably small

言及しようとすると今週の月島のセリフ全部「ここがさあ…」って引用したくなって自重してる

Npalhlii reasonably small

散々言及されてるけど鯉登の最後のリアクションが演技だったら「先」のために咄嗟に道化のふりをするという、プライドを捨てられる賢さとそうするしかない悲哀を感じてぐっとくるものがある

Npalhlii reasonably small

これまだ次話以降も開く地獄の蓋あるよね?開こう開こう全部開けちゃおうぜ!(シャンパン開けるノリで)みたいな気分なの大変によくないと思う

Npalhlii reasonably small

テンションが210話の鯉登くんみたいになっててなに言おうとしても口滑らす予感しかしないから一旦口の中にしまっておくわ…ゆっくり噛むね…

Npalhlii reasonably small

助けてください尾形百之助上等兵殿

Npalhlii reasonably small

9月になったら19巻が出てしまうという事実から逃避したいな。読みたいけども

Npalhlii reasonably small

その一方で特定のキャラや関係性へのパッションが溢れてる人を見ても「いいなあ〜〜〜」と思うのでないものねだりなんだよな。ない感性ねだり

Npalhlii reasonably small

RT す、すごい

・冒頭で露との契約に署名
・作文課題「対露制裁の理由、その欧州と露への影響、今後の展望」
・セローフ(画家)の作品名を書け
・発言者の話し方が①口語②俗語③スラングのどれか判定
・試験中に写真を撮りに来る人がいる
・問題を解いている途中で別の級の人たちが入ってきて試験を始める

TPKИ(ロシア語検定試験)初めて受けたけど、非常に辛いものだった…
面接課題
・ドアが壊れて家に入れないから渋る近所の人を説得して電話を借りる
・「愛」「友情」「忍耐」のどれかを幼稚園児向け、両親向けに6分間話す
・誤植を見つけて編集部に苦情を言う。反論する編集部を論破する

Npalhlii reasonably small

本誌に尾形が出てないと自分の中だけで考えて変な方向に凝り固まるからそろそろここらでまた一回本誌の尾形に頭をめちゃくちゃにされたい

Npalhlii reasonably small

尾形に対して煮詰まりすぎていて二度とフラットに見ることができないことが悲しい

Npalhlii reasonably small

164話-165話の間の1週間リアルで発熱したしはちゃめちゃに具合悪くて30分に一回は溜息つく始末だったのを思い出してしまった