Twitter 蔓 periwinkle099 | 蔓 (@periwinkle099) のツイート

Npalhlii reasonably small

家永サン「完璧を追い求めて他者から奪い続けたの」「完璧だった母を追っていた」でそうだったんだ…そういう理由で…としんみりしかけるんだけどよく考えると拷問はそれと関係ないな?「趣味の拷問で(138話)」そこは趣味なのかよ!!!ってなって好きだな

Npalhlii reasonably small

こちらは伏見稲荷で会ったネコチャン pic.twitter.com/mJqB2tWbc4

Npalhlii reasonably small

尾形光琳の紅白梅図屏風のモデルになった梅なんだって pic.twitter.com/xkIaUF0AiS

Npalhlii reasonably small

次回以降どう話が転がるのかまるでわからない…しかも巻末予定…

Npalhlii reasonably small

まさに初回プレイ時サイモンを撃つと選択したのに再度問われたので銃を下げてしまった

Npalhlii reasonably small

尾形のねんどろ続報は今回ない感じです?残念

Npalhlii reasonably small

楽しいなこれ

Npalhlii reasonably small

オガタ、6年大学に通って国家資格を取る男なんだけど、外に出てから着る想定なんですよね。 markov.cordx.net/periwinkle099

服は外に出る前に着て欲しいが

Npalhlii reasonably small

杉元の左手がプラーンしてるの笑ってしまう markov.cordx.net/periwinkle099
笑いどころじゃないです

Npalhlii reasonably small

尾形死亡説、結構頻繁に流れるからな…markov.cordx.net/periwinkle099
そうなの??
(過去ツイートからツイートを自動生成するアプリで遊んでいる)

Npalhlii reasonably small

もしかしたら来週以降や加筆で詳細が来るかもしれないけど家永の母の話が結構空白も多いの想像というか邪推の余地もあって好きなモヤモヤなんだよな…

Npalhlii reasonably small

月島の谷垣への「お前の選択だぞ」と宇佐美の有古への「お前は最悪の道を選んだ」
言う側のテンションは正反対だけど“鶴見中尉に背く”ことに似た言葉選びするんだなあ

Npalhlii reasonably small

新平ちゃんと千代子…絶対幸せになっててくれよな…

Npalhlii reasonably small

(211話)「鶴見中尉は話の通じない人間ではない」→(229話)「いや鶴見中尉は情報を聞き出すためならどんなことでもするだろうな…」
申し訳ないけどここめっちゃ谷垣らしいと思っちゃって笑ってしまった

Npalhlii reasonably small

「強い身体」も求める完璧のひとつだったのは、階段で足を滑らせ…が起こらないようにというか跳ね返せるようにというのもあったのかな。どうかな。牛山は建物が爆発しようと瓦礫に押し潰されようと跳ね除けるもんな

Npalhlii reasonably small

家永、ホテルの来客の女性の「可愛らしい声」を求めたりドレススタイルな一方で「牛山の強い身体」も“欲しい”の対象なのゴールというか理想はどこなんだろうと思っていたら、「母」だったのだな

Npalhlii reasonably small

来週で23巻巻末になるんだよなこれまたすごい引きだな…

Npalhlii reasonably small

ウッッッッワほんとだ月島裸足だやめてよ

Npalhlii reasonably small

今回は月島は外にとめられている馬を見て戻って来た(ってことだよね?)ので財布ではないはず…!

Npalhlii reasonably small

谷垣も「月島軍曹風呂長いからいける」って思ったの?

Npalhlii reasonably small

どうするんだこれどうなるんだこれ。予想外の場所で話がガクッと進んだので慌てることしかできない

Npalhlii reasonably small

(思ったより各所並行して話が進む…!)

Npalhlii reasonably small

杉元の言う200円って今で言うといくらなの?と友人に聞かれたのでほにゃらら円相当らしいよ、と答えたら日常会話で「梅ちゃんを5人治せる金額」「梅ちゃんを治せない(くらいの額)」みたいな使い方してくる

Npalhlii reasonably small

尾形の地獄観(?)はどんな感じなんだろうな

Npalhlii reasonably small

戦争で消耗し傷を負った人間が、金塊争奪戦という新たな争いに身を投じてるわけで、それで傷が癒されるわけがないというのごもっともすぎてオロオロしてしまう

Npalhlii reasonably small

杉元をはじめとして、帰還兵の面々について多分「新たな人との出会いや関わりを深めていく中で戦争/過去の傷を癒す、救われるまでの物語」ではないんだなあというのは中盤から後半戦に差し掛かった網走以降ちょくちょく思う

Npalhlii reasonably small

白熊、白鳥、シマエナガときて次も「白い生き物」続くかな。未登場の北海道の白い生き物なにがいるかな〜