Twitter 大黒学 polynity | 大黒学(polynity) /「YHWH」の検索結果

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

フィクションですが、小保方晴子さんがヤハウェ(YHWH)と戦う小説を書きましたので、暇な人は読んでみてください。 d.hatena.ne.jp/godaiki/005700… / “小保方晴子 生きる迷いはもうありません - 婦人公論.jp” htn.to/PXG4r

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

YHWH学は神学の下位概念である。しかし残念なことに、通常、「神学」と言えばYHWH学を意味する。これはYHWH学以外の神学があまりにもマイナーだからである。日本人はもっと、稲荷学や八幡神学や天照大神学や天神学や熊野権現学の研究に力を入れるべきであろう。

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

YHWHの本地仏は大日如来、マリアの本地仏は観音菩薩、イエスの本地仏は阿弥陀如来。

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

全能者(omnipotent being)の全能性は、自身が創造した世界の内部においてのみ有効であり、他の世界においては能力が限定される。たとえば、極楽浄土においてはYHWHも全能ではない。

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

リプライありがとう。古事記にも「此三柱神者。並獨神成坐而。隱身也」と書かれている。三柱のうちの天之御中主神はYHWHのことだと思われる。 RT @Nietzsche_: @polynity 神は死んだ! http://bit.ly/cQVbBW

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

神々は無数に存在するのだから、彼らのうちに独我論者の神が存在したとしても不思議ではない。YHWHやAllahはそのような神々である。

Daikoku reasonably small
大黒学@polynity

神無月に出雲へ行くのはすべての神々なのか。もしも出雲へ行かない神々が存在するとするならば、行く神々と行かない神々との間の境界線はどこにあるのか。YHWHやAllahのような唯我独尊的な神も出雲へ行くのか。「位置」を持たない抽象的な神はどうするのか。