Twitter 理科教師とらふずく raptorial_owlet | 理科教師とらふずく (@raptorial_owlet) のツイート

@forestthree 捕獲で抑えている印象はありますが、カメラトラップに写る頻度は上がっているように思います。先日子どもたちが仕掛けたトラップには、クリを食べる映像が残っていたそうです。

town.karuizawa.lg.jp/www/contents/1…

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@forestthree イノシシはヌタ場とおぼしき場所をいくつか見つけました。カモシカは痕跡見なかったです。白糸の滝方面、多いんですね。
もう少し注意深く見ればよかったなと思います。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@forestthree 言及ありがとうございます。
今回行ったのはピッキオの野鳥の森周辺、および小瀬温泉~白糸の滝までのハイキングコースのみなので、地域としては限定されています。

僕は結構出会う。
ただ、やはり多い所、多くなってきた所ほどは出会わず、食害は林床にも樹皮にも目立って現れてないから少ないといえば少ないのか…
ちょうどこの間、自然観察会でお話ししながら確認頻度にしては林床の生物多様性高いのなぜ?と思ったんだよな。 twitter.com/raptorial_owle…

@raptorial_owlet 生息している大型の哺乳類の種類は軽井沢の方が多いようなのでその辺も関係しそうですね。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@neta_suzume なるほど、捕食被食関係だけでなく、カモシカやツキノワグマとのニッチの競合なんかも考慮すべきですね。ありがとうございます。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

確か、捕食者存在下だと被食者の出生率が低下するという研究があったはず。ニホンジカが殖えているのはオオカミ絶滅による捕食者の不在によるものだという説の根拠になっているものの1つですが、オオカミはもとよりどの地域でも絶滅しているし、あとは狩猟圧とかですかね。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

ちなみに積雪量も調べてみましたが、軽井沢町の方が圧倒的に少ないです。
なので、冬季に雪で足をとられ…の仮説も成立しません。
あと考慮すべきは捕獲圧とか補食圧とか?

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

↑変な「的」が入っていますな

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

軽井沢の草本類のバイオマス的は明らかに霧ケ峰よりも貧弱なので、餌資源の不足は充分に考えられます。ただ、他の地域で見られるような餌の不足に伴う樹皮剥ぎなどの痕跡もありませんでした。なので、そもそもニホンジカの密度そのものがかなり低い状態が維持されているんだろうと。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

仮説をたてることも出来ますが、同様の森林を主体とする奥多摩町では霧ケ峰ほど多くないにせよかなりの密度のニホンジカを観察できるので、この仮説は充分ではありません。

標高?とも思いましたが、霧ケ峰高原の方が数百mは高い場所に位置してるんですよね。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

こちらの方がまともな密度なんだろうと思いつつ、なぜ軽井沢町にはニホンジカが少ないのか、と問われると答えに詰まります。
霧ケ峰高原の場合、草原が広い範囲を占めているためシカの餌となる草本類がよく生育するのに対し、軽井沢町は森林を主体とする生態系のため下層植生が充分でないと→

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

今回は軽井沢町に遊びに赴いたのですが、そういえば2日間まったくニホンジカを見ませんでした。
車山あたりだと一時間もいればシカの痕跡(足跡や糞など)を、半日もいればシカ本体を見るくらいの密度で生息しているのに、今回途中から意識して探しても姿はおろか足跡や糞も見つけられなかった…

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

昨年の9月にこの池に訪れた際には、モヤシか!と突っ込みたくなるくらいハリガネムシが水底に沈んでいたんですよね。
あれが全部何らかの昆虫に寄生していたと考えるなら、確かにものすごい量の餌が水中に放たれるわけで、そりゃ重要な資源になるわなと。

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

昨日ツイートしたハリガネムシですが、最終宿主となる昆虫を水辺へ誘導して飛び込ませるのは有名な話。
人為的にハリガネムシに寄生された昆虫が水系に飛び込まないようにすると、淡水魚の資源量が減ることがわかっています。餌資源の供給源としてかなりの貢献をしているとのことですが pic.twitter.com/sVEipXe2gi

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@osakanabanashi @kinoboriyagi 何に使うのか存じないですが以前からヤギ氏が欲しがっていたので。
…何に使うんです?

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@kinoboriyagi いや、行く予定は今のところないけど、品川から川崎は近いな…

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@kinoboriyagi この間のやつちっこくてボロボロだったからこっち送るよ。3本ある。直接渡せるならそれでもいいんだけど…

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

ロクショウグサレキンが腐朽した材。
割ってみたらそこそこ中に入り込んでいる。 pic.twitter.com/fLdgC4jox3

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

カワガラス、めちゃくちゃ接近してきた。ズームしてないスマホのカメラでここまで… pic.twitter.com/XyMFEskiMG

先日、県外より輻長(体の中心から腕の先端までの長さ)が40cmほどの大きなヒトデが搬入されました!貴重な個体なので弱ってきたら標本にしたいと思っていますが、大きすぎてこのヒトデが入るような密閉容器が見当たりません。どうしよう.....。(画像:同僚撮影) pic.twitter.com/Y0beuEQZnR

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@deepsnow374 ですです。
地域によって毒の強さに違いがある、という話もあり(同様の話はテンナンショウにもありますが)、葉だか根だかを舌に載せることで強さが判断できる、といった話も聞くのですが、まだトリカブト毒の強さを味蕾で試したことはなく…

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

なんかボーベリア的な菌糸に侵されたツノカメ pic.twitter.com/1EXNNhgHF4

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

ヤマアカ pic.twitter.com/7DZlB0lrVi

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

同じ毒草でもこっちは試したくない。毒の強さを舌で判断するなんて話もきくけど、そこまでチャレンジングではないです。 pic.twitter.com/7moIWUbSRl

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

クリシギ?の幼虫が脱出中。ちょうど出てきたところ。 pic.twitter.com/eucwQtZOR0

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

のですが、じつはこの実、甘いんですよね。昔興味本位で食べてみて舌がチクチクとしました。今回も食べてみる…うん、少しの間はいいですが、口の中に果皮が残っているとしばらくしてそこが痛みます。
前述の通り、腎機能に障害がある可能性があるので、真似しないように。痛いよ。 pic.twitter.com/Bbb0nmf5Lg

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

テンナンショウ属が結実していました。
シュウ酸カルシウムを毒成分として含み、全草に毒があるので食べられない…(腎機能に障害が出ることもあるので食べるのは全く推奨しません) pic.twitter.com/b7aelezMz3

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

カラカネが溺れていたので枝で拾うなど。 pic.twitter.com/0tnZZqkPMC

E1asm0vs reasonably small
理科教師とらふずく@raptorial_owlet

@tomtanaka 言ってます。枝でつつきたいらしい…