Twitter しごたの/大橋 悦夫 shigotano | しごたの/大橋 悦夫(shigotano) /「#dailyremark」の検索結果

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1379:何が好きかが分からなくても、書き続けられる何かを追いかけていくと、その道中でヒントが見つかる。それを拾ってまた書き続けていると、さらにヒントが見つかる。最終的な答えに肉薄できているという予感が、さらに書き続ける意欲をかきたてる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1378:同じ「10km走る」でも「10kmぶっ通し」と「1km×10日」とでは走り方が変わるのと同様に、同じ10時間でも「1日10時間」と「1日1時間×10日間」とでは取り組み方が変わる。いずれも前者には余裕がなく、後者には無理がない。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1377:「こういう風にやったら成功した」だけでなく「こういう風にやったら失敗した」についても知っておいた方が良い。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1376:大きな作業を抱えている時でも、まるまる一日をそのために空けるのではなく、午後に1件とか夕方に1件、という程度のアポを入れておくと「午後からアポがあるので、午前中に仕上げなければ」という切迫感と、これにともなう集中力が生まれる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1375:テクニックは仲間と一緒に切磋琢磨できるが、やる気は自分で何とかするしかない。自分で何とかするからこそ、うまくいくことで自信が湧き、「こうすればいいのか」という確信が得られる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1374:文章を書く、ということは頭の中にある「ひらめき」の水をバケツリレーで外に運び出すことだと思う。当然、リレーが長くなれば途中でこぼれたり不純物が紛れ込む可能性が高くなるわけで、文章の巧拙はこのバケツリレーのうまいへたにほかならない。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1373:目の前にあるやり方が間違っているかも知れない、という不安を抱えている状態で立ち止まっていると、仮にそのやり方が間違っていたとしても、間違っているかどうかを検証するやり方としては間違っている。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1372:人はあまり説明されるのが好きではない。もっと言えば、一方的に説明されることを嫌う。まず、説明が必要な状況を作る必要がある。そうしてからの方がしみ込みが早く、そして深くなる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1371:「生」を足元から引き裂いていくと「失」になる。形あるものはいつかは壊れる。生まれたものは確実にまっすぐに死に向かって突き進む。そして「失」なうものがなくなると「土」に還る。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1370:作り方をどんなに学んでも、一度作ったものを壊す勇気がないと本当の意味での作り方は身につかない。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1369:自分がパターンを繰り返していると、そこに他人がつけいるスキができる。例えば、現金輸送車の襲撃はパターンを読まれた結果と考えられるし、業界で一人勝ちしている企業の勝因は他企業が持たないパターンを作り出したことだと考えられる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1368:期待通りになることだけが正解ではなく、プロセスはどうあれ、結果として自分たちの行動が誰かの役に立つことが実現できれば、それは成功と言える。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1367:「こうなるだろう」という予想はたいてい外れる。しかし、予想があるから行動があるとも言える。予想は期待と言い換えた方がしっくり来るかも知れない。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1366:出し過ぎれば飽きられるし、出し足りなければ忘れられてしまう。過不足のないちょうどいいあんばいの「真ん中」を追求し続けるのが仕事の面白さ。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1365:1日1回5分でも、1週間欠かさず続けると35分になる。だからといって、週に1度35分の時間を取ろうとするとうまくいかない。なので今から5分だけ、やってみる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1364:「一輪車乗れる?」「乗ったことがないとわからない」「乗ってみる?」「うん」 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1363:一輪車、二輪車、四輪車。車輪の数が増えるほど走行は安定するが、自分の関わる余地は減っていく。車輪の数が減るほどに地力が試される。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1362:経験がないからできない、と諦めるなら、誰も経験したことのないことを始めればよい。「経験がないから」とは「すでに先行している人に勝てっこないから」という含みがある。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1361:「自由に使えるお金が今の2倍あったらどうする?」という質問より「自由に使えるお金が今の半分になったらどうする?」という質問のほうがハングリーな答えが出やすい。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1360:週に1度の1週間の行動を振り返り「何となくやっていること」をやめてみる。毎朝コンビニで惰性で買っている缶コーヒーのように、やらなくてもいいことなのにえんえんと続けていることを少しずつ減らしていく。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1359:仕事仲間に「この書類は何のためにあるんだっけ?」というそもそもな質問をときどき投げかけると、埋もれていた不一致点が見つかることがある。共通した見解形成に役に立つ。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1358:自分が好きで没頭してしまうことをリストアップする → その中で「多くの人がやりたがらないであろうこと」をピックアップする → 自分はそれがなぜ好きなのかを考えてみる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1357:その日にイライラしたことをひたすら綴る「イライラ日記」を毎日つけてみると、そこに新しいサービスのアイデアに出会えるかもしれない。新しいサービスに出会ったら、どんな「イライラ日記」から生まれたのかを想像してみる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1356:下した判断が明確に失敗であったと後から分かる場合もあるが、それが分からない場合もある。分からないということは、同じ判断を繰り返してしまう可能性をはらんでいることになる。 #dailyremark

Image reasonably small
しごたの/大橋 悦夫@shigotano

今日訓 1355:理由を問われて「そういうものだ」としか答えられないことにぶつかったら、その「そういうもの」とはどういうものかを中学生に分かる言葉で説明を試みる。 #dailyremark