Twitter 四家正紀(シェアする落語) shike | 四家正紀(シェアする落語)(shike) /「Dgoutokuji」の検索結果

1tkdmnqv reasonably small
四家正紀(シェアする落語)@shike

@Dgoutokuji 三代目円之助の『はなしか稼業』に大食いの前座「仔馬」として登場されていますね。いろんな江戸売り声をちりばめた『初天神』が楽しかったです。

浪曲界に慶事が続く。今度は玉川奈々福嬢が第11回伊丹十三賞に輝いた。「多才にして多彩な活動」に贈られる賞で、その奮闘ぶりからして文句なしだ。--是枝裕和氏、星野源氏、磯田道史氏に続く受賞というところにも価値があり、賞金は芥川賞直木賞と同じ100万円だ。それを投入するのは衣裳か三味線か!

1tkdmnqv reasonably small
四家正紀(シェアする落語)@shike

@Dgoutokuji それは凄い!

灘康次とモダンカンカンの親方が亡くなった。灘さんは親方と呼ばれていたのだ。享年90。談志が日テレで『やじうま寄席』をやっていた70年代、よくご一緒した。談志が台本を提供してたあの頃が、メンバーの移動もなく最も充実していたのではないだろうか。♪地球の上に朝が来る〜という錆びた声が甦る。

立川吉幸が真打だ。1997ブラックの弟子でブラ房。2005ブラックが立川流を除名になり、談幸に引き取られて吉幸。2015真打直前、談幸とともに芸協に移籍し、1年間の前座修業。そして2019.5より真打昇進なのだ。紆余曲折、波瀾万丈のこれまでだが、深く屈する者ほど高く跳ぶだ。それが武器になるだろう。

1tkdmnqv reasonably small
四家正紀(シェアする落語)@shike

@Dgoutokuji 談吉さんによると、必ず歌っていたのが『ひょっこりひょうたん島』だったとか。

サダ兄と談吉、小はる私夫妻その他なんてメンバーで数件のハシゴの後に御徒町付近のカラオケ屋へ、歌自慢のど自慢まぁ盛り上がったのでした。よい思い出になりました♪ twitter.com/dgoutokuji/sta…

総務省統計委員会の西村清彦委員長が「多忙につき国会審議に協力できない」との文書を国会に提出したが、何とお立ち会い、これが総務省職員による捏造で、西村氏に無断で野党に示されていたのだ。誰かがこの人を審議に参加させたくなかったんだね。財務省に始まった改竄捏造はもう日常のことになった。

笑福亭松之助師を初めて見たのは『スチャラカ社員』で声と表情が印象に残った。入門後、まだ芸の何たるかが分からない頃、談志が「松之助師を聴いておけ。松鶴師に匹敵する人だ」と言い、そう心がけた。機会は多くなかったが、正統を保ちつつ高揚感があることに驚いた。享年93。その大往生を讃えたい。

業界の皆様へ。どなたか私の前座二つ目時代(できれば高座)の写真をお持ちではないでしょうか。激動の立川流以降はワンサとあるんですが、要請を受けても応えられないでいるのです。スナップでも構いません。どうか複写させてください。受け取りに参ります。謝礼は軽く一杯ということでお願い致します。

「消費税の引き上げについては、前回の反省の上に、本年、頂いた消費税をすべて国民の皆様にお返しするレベルの十二分の対策を講じ、景気の回復基調をより確かなものにしてまいります」って安倍さん、どれだけボケるんだよ。国民の「だったら消費税上げる必要ねえよ」の総ツッコミで終わりじゃねえか。

ナイツがソフトにキツいシャレをかました。「沖縄の神社でおみくじを引くと凶しか出ないってね」「そんなことはないでしょう」「いや凶しか出ないの」「どうしてよ」「これ以上吉(基地)は要らないってね」偉いなあ、直球より変化球の効果を狙ったんだ。こういう形で安倍政権をシャレのめすといいよね。

演芸界に次々と吉報が届く。芸術祭新人賞を東西の浪曲師が獲得した。東家一太郎と真山隼人の2人で、去年の玉川大福に続いたのだ。彼らを是非聴いてもらいたい。共演するベテランのいぶし銀を発見するだろうから。私が談志を追い、文楽、圓生、彦六の正蔵を知ったように。おっと志らくは優秀賞獲得だ。

オバマ前大統領が「2018お気に入りリスト」に、是枝裕和監督の『万引き家族』を選んだね。まあ現大統領がああいう人だからセンスが引き立つわけだ。スケールは違うけど、現大阪市長がああいう人だから平松邦夫さんが懐かしいという感情に似てるね。翻って我が安倍さんが年末年始に読む本はというと。

1tkdmnqv reasonably small
四家正紀(シェアする落語)@shike

@Dgoutokuji もうこれ以上はないという、さっぱりとした江戸前の芸でした。師匠・三遊亭圓橘師が「あんな落語、俺にはできない」と褒められていました。「再生落語会」を企画し、いよいよこれからだったというのに。

「国税庁から個人情報70万件マイナンバー55万件流出」という大事件の報道が驚くほど少ない。手が足りないから国民の情報を民間に委託ってのがまず間違ってる。同じ理由で再委託するのだから。最初から無理筋のろくでもないシステムなんだ。「民間が漏洩させた」と言えば、国税庁は逃げ切れるわけだし。

南青山の児相問題は、自分も死ぬのに火葬場が出来るとなると反対する心理に似てるね。地価が下がる? 下品なことを言いなさんな。それは成り上がりの発想で、そういう人が住むことで地価は下がるんだ。でも「こんな理由(ブランド低下)で反対したとは、将来子供にとても言えない」との意見は救いだね。

「いざなぎ景気を超える景気回復」なんだってさ。実感がないから、それだけでも馬鹿馬鹿しいのに麻生さんときたら、記者の「賃金が上がらない状況がある」に「上がってないと感じる人の感性だろう」ときたよ。実際上がってないからそう言ったんだ。あんたこそ国民の実態に目配りする感性がないんだよ。

自民党落語議連、遠藤会長以下が鈴本演芸場で権太楼師の『芝浜』を堪能。懇親会となったが、何とそこへ共産小池晃、宮本岳志、無所属の細野豪志の3氏が現れた。そう、これが私の望んだ超党派なのだ。マスコミ、ブレーンで数十人、今度は立川流だ、円楽党だ、いや講談、浪曲だと盛り上がったのだった。

「自民党落語議連に取り込まれるな」と言う人がまだいる。だから私は会見ののっけに言ったんだ「私は連日ツイッターで安倍政権を非難している野党に評判のいい男です」と。シーンとするかと思ったらドカンとウケた。そう、自民党は承知で私を呼んだんだ。取り込むつもりならこっそり料亭に呼ぶだろう。

@Dgoutokuji お忙しい中ありがとうございました。夜はよみうりホールですね!ご配慮頂きながら、仕事で伺えず残念。あと、自民党の会合の前後も容赦のない呟き、勉強になります。

「らくごカフェ」が10周年を迎え、記念に武道館公演を挙行するという。「志の輔、談春、一之輔ら多くの落語家が--」と記事にあり、私は一之輔らの「ら」に注目、文字数の都合でそう省略されるのだが、私はこの一群を「ら族」と呼び肩入れしているのだ。理由はもちろん私が長く「ら族」であったからだ。

上方に講談の定席を作ろうとの動きがある。神田松之丞も『講談入門』の中で是非欲しいと言ってた、いわゆる「講釈場(しゃくば)」のことだ。中心は旭堂小南陵(43)で、2019年1月のオープンを目指して運営会社を設立、募金活動を始めたという。明治の大阪に30〜40軒あったという講釈場への第一歩である。

「障がいは言い訳に過ぎない。負けたら、自分が弱いだけ」とのパラ五輪のポスターが東京駅から撤去された。当然だ。元は「パラバド(パラリンピックバドミントン)は障がいを言い訳に出来ない。負けたら、自分が弱いだけ」だったと聞き、腸が煮えくり返っている。ヒドい改悪ではないか。誰の仕業なのか?