Twitter 初版道 signbonbon | 初版道 (@signbonbon) のツイート

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

拙著『直筆の漱石ー発掘された文豪のお宝ー』が「新潮選書」で11月20日に発売されます。定本『漱石全集』に初めて収録された数々の自筆資料の発掘譚と解説。新発見資料「文学志望者の為めに」の影印版も。Amazon等での予約も始まりました… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

芥川龍之介を愛するフォロワーの鮎さん(@Ayu_Ichinose)の個展に行き、透明水彩画の美しさに魅了されました。売約済みの作品が数多くある中で、一番好きな絵が購入できてラッキーでした。ちなみに娘さんは初版道場の一期生で(その事… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

初版本のカバーに保護用のグラシン紙をどのように掛けるか質問があったので、一番簡単なやり方を紹介します(モデルは『月に吠える』無削除版)。
①本よりも大きめのグラシン紙を用意する②本冊とカバーを分ける➂カバーの折り目を完全に広げ、グ… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

新潮社の校閲部は相変わらず凄いです。「坊っちゃん」と「坊っちやん」と「坊ちやん」を書き分けたことについて鋭い指摘を受けました。もう一つ「坊つちやん」もあったのですが、書かなくてよかったと思います。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

文京区立森鷗外記念館の特別展「永井荷風と鷗外」は、台風のために初日と2日目が中止に。展示や図録の制作に頑張ってきた学芸員の方々の胸中は、察するに余りあります。明日が実質的なオープニング。この二人の文豪に焦点を当てた、空前にして恐らく絶後の展覧会です。どうぞ足を運ばれてください。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

文京区立森鷗外記念館の特別展「永井荷風と鷗外」の内覧会に行ってきました。展示と図録のクオリティが非常に高く、実に見事でした。グッズ売り場も充実しています。鷗外を心から尊敬し、記念館設立の寄付をした荷風も、泉下で喜んでいるでしょう。 pic.twitter.com/463lHxFofC

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

フォロワーさんから初版本・署名本に関する質問が増えてきました。「漱子紅露逍鷗藤花四独葉鏡聲風泡未菫有晶露啄牧光荷潤春鳥龍寛正武実直白朔犀達心賢順喜康利敦南鱒基辰也道治作安由」の初版本・署名本であれば、外装・珍しさ・古書相場などほとんど全てお答えいたします。ご遠慮なくDMでどうぞ。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

芥川龍之介・中原中也・太宰治も愛した「ゴールデンバット」の終焉。「1日に芥川龍之介の墓を訪れてみると、花とともにやがて姿を消してゆく、ゴールデンバットが封が切られた状態で置かれていました」という感動的な画像とともに、芥川の映像も見… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

神保町の名店「さぼうる」の初代マスターが自筆画を描いたマッチ箱のコレクション。昭和30年代の物です。20年くらい前に古書目録で入手。2代目のマスターも目録注文したと聞き(店に一つも残っていなかったとのこと)、すぐに寄贈しました。お… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

ゼミの学外研修を行いました。森鷗外記念館(学芸員の方が解説)→青鞜社発祥の地→夏目漱石旧居跡→三四郎池→東大内松本楼(昼食)→湯島聖堂→お茶の水小学校(漱石の母校)→神保町古本屋巡り→さぼうる(お茶)。北海道から沖縄まで全員が東京… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

芥川龍之介は「一番いやなのは、返信料つきの読者の手紙です。いかにも返事を強要されてるようで、不快ですね」と語っています。しかし返信料がついていなくても、「なんで郵便代をこちらが負担しなければならないのか、不快ですね」と言われそうです。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

太宰治ファン必見の素晴らしい展覧会でした。まず山内祥史氏による膨大な資料群に感動。次に「近年注目を集めている文豪たちとの関係性」では春夫・川端・志賀が登場し、超長文の手紙に圧倒されます。そして田村茂が撮影した太宰の全写真27枚はま… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

芥川龍之介は与謝野晶子に「奥さん、私は平凡な女の最初の良人になるより、秀れた女の十一人目の恋人になる事を望みます」と語りました。なぜ「十一人目」なのかは不明です。『みだれ髪』の大歌人を「奥さん」と呼ぶのは違和感を覚えますが、夏目漱石も手紙で「与謝野の細君」と。そういう時代でした。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

⚡️ 「「いいね」1000以上のツイート」(作成者: @signbonbon

twitter.com/i/moments/9930…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

山梨県立文学館の開館30周年記念企画展「宮沢賢治展~ようこそイーハトーブの世界へ~」(9月21日~11月24日)の内覧会に行ってきました。広々としたスペースで賢治ワールドが満喫できる素晴らしい展覧会でした。芥川龍之介・太宰治などの… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

今日は正岡子規の命日です。遠くイギリスで訃報に接した夏目漱石は、「倫敦にて子規の訃を聞きて」と題し、5句を高浜虚子に書き送りました。特に「手向くべき線香もなくて暮の秋」は秀句です。漱石は『吾輩ハ猫デアル』中編の序文で親友を追悼。誰よりも彼に『猫』を読んでもらいたかったのでしょう。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

「泉鏡花氏は日本語の可能性の、最高の一つを示してくれた作家として、国宝的存在であると、私はかねがねから尊敬してゐる。」川端康成の言葉です。確かに近代文学の「人間国宝」を選ぶとしたら、鏡花に一票を投じます。

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

高校学習指導要領の国語の科目再編(2022年度から実施)に関する本日付の朝日新聞の記事です。「文学国語」と「論理国語」とは。何と愚かな分け方でしょう。芸術性はもちろんのこと、論理性も高い作品を書くことに心血を注ぎ、それを成し得た夏… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』の公開に合わせたかのように、最近ヤフオクに『人間失格』初版本の出品が増えていますが、太宰の自殺直後に刊行された本書は大量に現存し、帯がなければ相場は3,000円位(保存並の場合)です(帯付は1… twitter.com/i/web/status/1…

Warj0n9h reasonably small
初版道@signbonbon

服部徹也さんの『はじまりの漱石ー『文学論』と初期創作の生成』(新曜社)が刊行されました。新進の研究者による画期的な業績です。「賞味期限」の極めて短い近代文学関連書が多い中で、『文学論』研究の必読・必携の本として長く生き続けるでしょ… twitter.com/i/web/status/1…