Twitter タクラミックス takuramix | タクラミックス (@takuramix) のツイート

Takuramix1204 reasonably small
タクラミックス@takuramix

…この件、まだ本当に法に反する行為だったのか確定しとるワケではない。
しかし、それに対する同業者からの擁護が、
「取材目的なら犯罪にならない」
といった、犯罪行為でも取材ならOKという筋のものになっているから、そんなものが通用するのは犯罪者集団の発想に他ならないと批判しとるのよ。

Takuramix1204 reasonably small
タクラミックス@takuramix

…「報道の使命の為に、犯罪と知りながらも実行せずにはいられなかった、裁きは受ける。」
とでも言うのなら、まだ分かるが、
「取材目的で立ち入ったのだから犯意は無い」
なんて擁護を仲間でやってるんじゃ、犯罪者同士のかばい合いにしかならんわ。

Takuramix1204 reasonably small
タクラミックス@takuramix

最早、
「新聞記者を見たら犯罪者と思え」
ってところにまで堕ちたわけだ。
堂々と、犯罪行為を正当な行為だと訴えて恥じないところまで新聞は堕ちてしまったのだな。

壁耳取材って双方が了承してる暗黙の了解の場合であって、了承が無く勝手にやるのは単なる盗聴では…? twitter.com/fukutyonzoku/s…

>取材として立ち入ったのだから犯意がないのは明白なはず。

いろいろと不勉強だな〜 twitter.com/n_kenta1995/st…

なんか、女性用トイレに「公共性のある場所だし取材だから」といって許可なしに入った男性記者を擁護するような発言を見たような気がする。

Takuramix1204 reasonably small
タクラミックス@takuramix

新聞広告は
「新聞の信頼感と権威を広告効果として利用できる」
点をセールスポイントとしている。
その上で、新聞社は広告欄には社会的責任を負う必要は無いとして、人の命を奪いかねないデマや詐欺の広告を金儲けの為に躊躇なく載せる。
…ま… twitter.com/i/web/status/1…

地道に着実に、希望を捨てない言葉に勇気を頂く。「病院で働くお医者さんとか看護師さん、薬剤師さんたちが、割に合うかどうかという価値観で動いていないのと同じで、自分たちの意見が通らないことに対して、もどかしいと思うことはない」… twitter.com/i/web/status/1…

専門家が実名で発言すると何が起こるかは原発事故後に経験した。今でこそ、また変なのが湧いたな〜と嗤って済ませられるが、免疫がないときは少々病んだよ。うちの学部で地震と放射能についての市民向け講演会を開催したが、2回目は怖くて開けなか… twitter.com/i/web/status/1…

同様の状況の方がいるかもしれません。コロナに限らず、そのような行為がどんな悲劇をこれまでに生んできたのか(思い出すのもつらいですが)忘れないでください。
3/3

P.S. 記事にある通り、古瀬はたいして名前や顔が売れて(?)ないのでぜんぜん元気です!

一部の専門家には「緊急事態宣言が出たことの責任を取れ」あるいは「感染を封じ込めなかったことを謝罪しろ」「人殺し!」などものすごい数の誹謗中傷がきています。中には脅迫じみたものもあります。もしかしたら医療従事者や保健行政に関わるかたの中にも…
2/3

Takuramix1204 reasonably small
タクラミックス@takuramix

@SHOTT2012 「永遠のイヤイヤ期」
とか?

割とビジネスマン、しかも誰かのお膳立てを己の実力と勘違いしてるタイプに多いよな>俺を納得させてみろ
しかもこんなんがMBAとか取ってたり変なビジネス理論学んでてロジックモンスターになってたりする twitter.com/takuramix/stat…

成功した「変」ばかりが世間では華々しく語られ、失敗した「乱」は歴史の語り草にしかならないのが、「革命」がいたずらに美化される原因なのかもしれない。 twitter.com/takuramix/stat…

成功したクーデターは「革命」と呼ばれ、失敗・鎮圧されたものは「反乱」「テロ」「暴動」などと呼称される。革命を語り継ぐのは革命側であり、反乱を語り継ぐのは鎮圧した側。なので、革命は常に美しく勇ましい物語になってしまう。 twitter.com/takuramix/stat…

Takuramix1204 reasonably small
タクラミックス@takuramix

…その姿勢から察するに、彼にとっては「知の巨人」などという称号は、どうでもよい、時には邪魔なだけのものであっただろう。そのようなものに頓着する暇などなかっただろう。