Twitter Tarabagani tarabagani | Tarabagani(tarabagani) / 2020年8月のツイート

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

みんなからの匿名質問を募集中!

こんな質問に答えてるよ
● 今まで誰にも言ってない秘密を教…
#質問箱 #匿名質問募集中

peing.net/ja/8a3d20ca3aa…

自民党の議員がやったら党あげて辞めるまでキャンキャンやるくせに。卑怯者リベラルめ。 twitter.com/jijicom/status…

複数の遺伝子を検出できるマルチプレックスPCRの説明書を引用して「コロナのPCR検査はインフルエンザや他のいろんなウイルスでも陽性になってしまう」なんてデマを流してる一派があるようです。ご注意を。

ギリギリ僅差だったアンケートまとめました。 pic.twitter.com/eQ0mnDKSQY

「放射能がうようよ」なるパワーワード…
10年たとうがダメな人はダメなままだな… むしる、悪化している。

@memoria16 @love_nyans @kabochapopo 放射能がウロウロ……その根拠は⁉️

プライドが有るからこそ、此のような風評被害にも耐えれるよう、検査し出荷しているのでは⁉️

前川氏が風俗行ってただのなんだの、そんなことはどうでもいいです。別に説明もいらんよw

ただ、官僚組織の中で仕事してきた人間がまさにその組織から放逐されても、まだ別の「組織」を追い求めてるのは哀れだとしか言いようがない。

本当にツブシの効かない人生送ってきたんだなと。

議院内閣制知らないのが如何にもアメリカ人っぽい。 twitter.com/xrayspex7/stat…

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

「体面の為に本を読む」ことの恥ずかしさたるや。

「10代で読んでいないと恥ずかしい必読書」みたいなものを振りかざすエリートの小賢しさと特権意識が「教養的なものを敵視する人たち」を生んで社会の分断を深めている……という意識は、現代日本で仮にもインテリ側に立ってるつもりの人間なら持った方が良い危機感だと思いますけどね。

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

結局のところ,老化なんだよ。何を標準とするのかがどの時代で止まっているかなのよ。

冷凍餃子を手抜きといい、あるいはポテサラくらい自分で作れという御仁、ガスで調理するなどという手抜きを見逃してはいけない。薪と炭を使ってこそだ。なお、薪割りと炭焼きは男の仕事だ。さあ、斧を買ってこい、耐火煉瓦で炭焼き窯を組め。いますぐだ。

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

(だから,憎悪にどんな理屈をつけても批判と呼べるレベルにはならないんだってば。そんな憎悪は自分の内面で処理してよ)

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

元事務次官が相当のポンコツみたいだし。

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

文科省自体がポンコツらしいのでどうにもならないのではなかろうか。

@hikaru_Apex 指導だけで点をくれているやつもあるんですが、日本人が見てもどこをどうすれば正解としてもらえるのかわからず、対策できません😫
「選択肢A」の鋭角部分に0.2mmほど隙間があります。
もっと驚きは、これに苦しんでいる公立学生が全国に大勢いたということ。twitter.com/TreasureAtlas/…

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

持っている情報が古い。途中で読むのをやめた。

接触確認アプリ「COCOA」まるで役に立たない訳 | 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準 toyokeizai.net/articles/-/371…

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

とにかく攻撃したいのね。

改憲機運、自ら潰した安倍政権 傲慢が招いた世論の反発:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASN8Y… #安倍首相辞任へ

化学実験:かんしょー液

本職が化学と言うなら何かやってみろと言われそうだったので、居酒屋はのん の掛声でお馴染みの「かんしょー」に因んだ「緩衝液」を作ってみましたw

酸とアルカリで中和させた液体は元の紫色に戻り、粉石けんを入れても色が変化しません
phを一定に保つ緩衝液の紹介でした pic.twitter.com/mFF7AYDXR8

ところで、この一件は、私が小1の1974年のこと。前述のように、実はこの前年に「お父さん」の読みは音訓表に入っていたのです。先生はその新情報を知らなかったのだと思う。このように、ルールなんてすぐ変わるもの。子どもが知っている知識を「使うな」と制限をかけないほうがいいです。〔続く〕

ちなみに、当用漢字は今の常用漢字の前身で、制限色が強かった。だから、先生はある意味、当時の漢字表の精神に忠実だったわけです。とはいえ、世間ではいくらでも「お父さん」と書かれていたのは事実。子どもが書いた漢字に赤字を入れる必要は当時もなかったと、現在の私は思います。〔続く〕

こう書くと、「ははあ、『父』は2年生で習う字なので直されたのね」と思われるかもしれません。そういうことではなく、先生は「これはあて字」と言いました。かつて「お父さん」はあて字扱いだったんです。「当用漢字音訓表」にない読みだったから。「お父さん」が認められるのは1973年です。〔続く〕

小1の時、作文で「お父さん」と書いたら、先生が「父」を漢字で書いてはいけないと赤字を入れた。「よく見る字なのに」と不満でした。今にして思う。教員の大人の事情で「教えない事項」があるのは分かるけど、子ども本人に「学んではいけないことがある」とのメッセージを与えるのはまずい。〔続く〕

Facqfggk reasonably small
Tarabagani@tarabagani

なぜ抗体検査を?

医師が薬をオーダーに悩む時、すぐに薬剤師の顔が浮かぶ、くらいの存在感を目指しています。

なんでこの人たちってデータ一発でばれる嘘をつくんだろうか?( ´H`)y-~~
@Narodovlastiye twitter.com/Narodovlastiye… pic.twitter.com/T52PcLrrYz