Twitter つくも tkmkz | つくも(tkmkz) /「音節」の検索結果

和語の語頭にラ行音が来ないことについて中高時代国語の教員が雑談で「発音できる音と自然な音には乖離があり,例えば現代日本語でも ン の音節から始まる語があってもいいものだがたまにンジャメナがヌジャメナと音訳されるように避けられるし,そういう感じだったのかも」と仰っていたのが印象にある

日本語は高低アクセントなので、すべての音節に意味とほぼ無関係な高低の区別があり、やろうと思えば、高を1低を0として発音することで、発言内容とは全く関係のないバイナリデータを送受信する事ができる…
って、僕の中では常識なんだけど、知ってる人意外と少ないんですよね。

同じく日本国語大辞典から『人名または人を表わす語、あるいはこれらの一部分(多くは、はじめの二音節)について、親愛の気持、または軽蔑の意をこめてその者を呼ぶのに用いる。中国の俗語で、「村的(いなか者)」「唱的(芸者)」「控馬的(馬子)」などの用法があり、これをまねたものという』

うーん、「けいきゅうひがしかながわ」も「ずし・はやま」も、なんか全体的に音節数に対してアクセントand/orリズムがおかしい気がする。「かげつそうじじ」もちょっとそう。

「京急東神奈川」、音節数が多くてまだるっこしい感じがしますね

ロロ文字って、日本の平仮名と並んでイマドキ珍しい母音+子音の組み合わせの音節文字で、かつ漢字のピンイン表記に1対1で対応しているので、表音文字のくせに文字数が訳わからないくらい膨大な、奇怪な文字体系だと思った覚えがある。
twitter.com/twinrail/statu…