Twitter うなじ unajiperopero | うなじ(unajiperopero) / 2019年11月のツイート

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

これがアウグストゥスとなると、狭義の政治極振りにスペックが偏るんだが、部下が有能だから特に問題ないんだよな

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

戦って強く、文才もあって、市民からの人気取りも得意中の得意な男、政治家としてめちゃくちゃ万能

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

第一回三頭政治、ポンペイウスは軍事、クラッススは経済っていう明確な得意分野をそれぞれ持ってるわけだけど、じゃあカエサルは何が得意かといえば、軍事や経済を含めた政治全般って感じで平均スペックが高い

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

カエサルって、むしろ金遣い荒いイメージなんだけどな 第一回三頭政治の守銭奴担当はクラッススの方だし

(この人資本主義の権化みたいなキャラクターになってきたけどローマ帝国最初の皇帝みたいなもんなんだぜ一応……)

#ある意味で自由経済とは対極なのでは pic.twitter.com/XDb67Gb7of

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

今出てるのはアシュヴァ面「怒り」だが、その他にアシュヴァ面「笑い」とアシュヴァ面「冷血」の2バージョンがあるぞ!

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

それはそうと阿修羅バスターマン、ブラダマンテっていう微妙な名前ですらいじられてた去年のクリスマスにいなかったのが惜しまれる(名前の)キャラ

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

「アシュヴァ(馬)」って単語、サンスクリットからの借用でテルグ語にも入ってるっぽくて、マヒシュマティ王国の歌にも出てくるから、みんな『バーフバリ』見る時には探してみような 将棋の原形として超有名なサンスクリット語の「チャトランガ」も続けて出てくるぞ!

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

まあ、サンスクリットって、単語と単語がサンディでぐちゃぐちゃに混じりあって繋がるから、単語が別れてるかどうかなんて割とどうでもいいのかもしれないけど

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

「馬の嘶き」だから、アシュヴァメーダ(馬犠牲祭)とかでサンスクリットできない我々にもお馴染みの頻出単語、アシュヴァ(馬)がパーツになってるんだろう

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

アシュヴァッターマン、一続きで一語じゃなくて、アシュヴァ(馬)と何か別な語の合成語だと思うんだよな pic.twitter.com/HpmnaFuIjQ

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

男塾の試合場を設営する時とかに便利そう

ピラニア溶液にパン屑を放り込んだ結果……

この"ピラニア溶液"とは濃硫酸と過酸化水素水の混合液で接触した有機物のほとんどを酸化して除去することができる。 pic.twitter.com/b4YdHkINVD

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

最近始めたけど、アムドゥスキアスの隣にガープ置いとけば大抵の攻撃は止まることに気付いてから、ほぼアムドゥスキアスしかリーダーやってない

@renge_kick 理想はアムドゥスキアス、シトリー、マルバスですがちょっと大変かもです……

@renge_kick ワイはアムドゥスキアス、シトリー+誰かの3人同時で始めるのが良いと思いま~す!

メ、始めたがこれで確定したらいかんことはわかる pic.twitter.com/e8MOksouC1

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

まあ、無事禅批判の文脈なんかは乗らないから、当然、厳密な理解ではないけど

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

宗代禅の、「山はこれ山」と「山はこれ山にあらず」の関係なんか、意識と本質フォーマットを当てはめるとビシッと理解できる

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

意識と本質フォーマット、汎用性が高いので、とりあえず知っておくと、他の思想に触れる時に理解しやすくなる

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

『意識と本質』、難しいとか言われるけど、扱ってる範囲がべらぼうに広いだけで、話の筋道自体は案外シンプルなので、「言ってることはある程度分かる」んだよな

やっっっと井筒俊彦『意識と本質』を読み終わった。言ってることはある程度分かるがちゃんと検証しながら読もうと思ったら必要とされる予備知識がべらぼうに多くなる本

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

敵の幹部に、負の怒りを集めてる武闘派とか、負の憎悪を集めてる陰気な男とかがいて、負の性欲を集めてる女はお色気枠を兼ねてそう

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

負の性欲、読み切りローファンタジー漫画で、敵の魔族的な奴がエネルギー源にしてそう

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

だが象はいる!(胎界主の話ではない)

群盲象を評す(故事成語であることをご了承ください)じゃないけど、頭の中で思い描いたイメージを言葉にしたとして、同じイメージが相手の頭の中で結像するとは限らないという難しさを再認識させられる問ですね……(小山のように大きく、平たく大きい耳を持ち、鼻が長いで果たして充分であるのか

「動物のゾウを知らない小学校4年生がいたとする。この児童に、ゾウとは何かを文章で説明しなさい。(図は不可)」※字数制限なし
('18産業医科大―医)

これは極めて難しい問題だと思います。これまでで最難度ではないでしょうか(当社比)。

皆さまどう説明しますか…? pic.twitter.com/HBx553C8PT

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

鬼殺隊は実質ノルド人 pic.twitter.com/EQBPj44DaZ

それはそうと「俺を喰え! それで無惨を倒せるのなら!」「行くぞ! 柱を守る肉の盾になれ!」な鬼殺の剣士をやるという選択肢と比較したときに「そんな真似せず所帯持ってガキこさえて幸せに暮らせ」って言われるのは別に女性陣に限った話でもないので「ジェンダー観」の問題ではそもそもないのでは