Twitter うなじ unajiperopero | うなじ(unajiperopero) / 2019年8月のツイート

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

昔の教養人、当時の人から見ても古典であるものを諳じていたからこそ教養人だったんだと思うんだが 四書五経なんて、四書って枠組ができた時点で、既に千数百年前のテキストだぞ

「昔の人は古典文学を諳んじていて教養があった」と言われることがあるが、それは現代から見て古典なだけで当時の人にとってはリアルな語彙だったわけで、後世では「昔の人は古典文学である宮崎アニメなどの台詞を諳んじていてネットの書き込みに使うくらい教養があった」と言われてるんでしょうね

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

趣味(宗教)の本、概説書なんかは「図書館でもいいか」ってなって、欲しくなるのは原典系なんだが、問題はそれらは大抵全集ものになるので、手元に置いておきたい本に限って高い

趣味の本、サクッと買うなら2000円〜3000円、ちょっと悩んで4000円〜5000円という相場感がなんかあるのよね。

まあ高いやつはPS4のゲームソフトだと思えばいいのか。そうすると8000円でも普通か。

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

幸福の科学はしっかり全部入ってる

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

なぜか現代オカルトで謎の大流行している三大要素
・爬虫類型人類
・失われた超大陸の古代文明
・飛来する宇宙人

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

現代魔術(オカルト)に毒されすぎたエルメロイ二世「やはりこれは、人類を裏から支配する爬虫類型宇宙人による犯行だ」

現代魔術を名乗ってるんだから、もっとブラヴァツキーとかクロウリーとかを前面に出していこうぜ #まあ型月世界のブラヴァツキーは時計塔と対立してたらしいが

まあ、そこまでガリガリに派閥闘争したいやつは現代魔術科とか来ないだろうし

同窓会に血の雨を降らせるのは止めろ

時計塔でおんぼろ教室を一つ担当することになった新米教師の魔術師がクラスの生徒たち(貴族民主主義中立の3派閥)と交流を持ちながら時を過ごし、卒業した2年後に一つの派閥に肩入れして残り二つの派閥の魔術師を殺すSRPGFate外伝ゲーム?

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

まあ、当時のアビダルマ論師が仮に現代の脳科学を知ったとしても、平然と「脳内の活動電位は特殊なrupa(物質)であり、manas(意)と必ず倶生する」みたいに、既存の理論の応用で説明してきそう

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

俺は認識論寄りの理論が好きなので、「物質は一定の空間を占有するものである」という原則を思いきって綺麗さっぱり捨ててしまった方が、rupaを巡るアビダルマは良い感じになると思うのだが、残念ながら有部はもう800年前に滅んでいる

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

まあ、四元素説は前者と相性が良くて、五根五境の認識論的説明は後者と相性がいいだろうから、ちょっと良いとこ取りは理論的に無理が出てきてもしょうがないんじゃないかなってのが個人的な意見だな

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

後者の方がより発達したアビダルマに現れる、直感に反した理論的な考え方なんだが、そこには完全に移行しきらず、有部アビダルマは両者がチャンポンになった理論にとどまっている

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

たとえば、視覚の対象としてのルーパは、色形(現代的に考えるなら、素粒子という最小単位に分解可能な、物質としての光)であることもあるし、可視性という物理的な占有空間を持たない性質を意味することもある

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

rupaを物質としてしまっていいかについては、実は議論があって、日常用語としてのrupaはともかく、アビダルマ的な厳密な定義を考えると、ごく普通の物質そのものの意味と、物質が持つ性質としての意味の両方に使われることがある

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

ちなみに、純然たる知覚の主体であって、知覚の客体にはならないものが、ウパニシャッドでいうところのアートマンだ

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

仏教の存在論、かなり認識論寄りのもので、かつ、知覚の対象だけでなく知覚する意識そのものもまた知覚の対象になるという前提があるので、純粋に知覚の対象たる物質と、知覚の主体と客体双方になり得る精神をはっきりとわけることには、それなりに合理性があると思う

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

仏教における存在の分類、びっくりするほど煩瑣なんだが、最もシンプルなのはnama(精神)とrupa(物質)の二分類なので、精神活動は物質に還元できないというのは大前提としてあるかなーって感じ

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

みんなが考える宗教家「魂は神がお造りになったので、物質などではなく、神によって与えられた霊的なものなのです」

ヤバい人「物質を悪として、神の聖なる被造物は霊魂のみと考えるグノーシス主義者がいるぞ! 異端だ! 取り囲め!」

そもそも、人間の思考というのがシナプスに飛ぶ電気信号による神経細胞の反応だというのはとっくに判明してる訳で
でも、「魂」というのはそれと別に神が被造物に与え給うたものである、とされてきたわけだ

さて

では

ヒトの手になる「人造脳」に意識があるなら、その魂の在り処は?
生きる権利は?

てかこれ、法的にも倫理的にも、宗教的にも超絶面倒くさい案件だぞ
万が一にもこの人工脳に意識があると確認された、あるいは意識が芽生えた場合、彼/彼女の人権は?作られた脳の意識に魂はあるのか?

多分、この辺考慮して研究禁止になるだろうなあ
特に宗教の根源揺るがすのは許さないだろうから twitter.com/Megazarak/stat…

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

@adastraperardva 現地への溶け込み方がすごいですよね 溶け込みすぎて、マニ教かどうかすらわからなくなりますけど

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

@adastraperardva なんでインドなんですかね

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

そして、モーセやイエスと並んで、歴代預言者リストにブッダが出てくるマニ教の斬新すぎる教義につながっていくわけですよ

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

トマスさん、聖書本文の先のエピソードのせいで、「不信のトマス」とかいう不名誉なニックネームまでつけられるんだが、聖伝ではなぜかインドに伝道に行ったことになって、結構人気があったっぽい マニ・ハイェーイーなんて、トマスに憧れて本当にインドまで行ってしまった

Robo4 reasonably small
うなじ@unajiperopero

有名なイスカリオテのユダと名前が被ってるせいで、福音書本文中ですら、「イスカリオテじゃない方のユダ」とか呼ばれちゃうユダ・トマスさん トマスは双子っていう意味だけど、誰と双子だったのかはよくわかっていない