Twitter ウチダ勝晃@WEST-EYEまもなく創刊3周年 utidakatuaki | ウチダ勝晃@WEST-EYEまもなく創刊3周年 (@utidakatuaki) のツイート

@yukinoko811 ちょっとこの郡なんとかさん、キチ〇イ感あって怖ぇす… pic.twitter.com/a3PlzalQbb

これ、どちらかというと自民党内にいる矢鱈と威勢の良いネトウヨ的議員に対する批判なんじゃないの?

麻生さんは
「自民党は安全保障について色々やってきたけど、国民はあまり関心は持ってくれない」
「しかしながら、それについて国民を上から目線で馬鹿にすることはできない」
「何故なら、安全保障について考える必要を感じられない事は、ある意味で幸せな状態だからだ」
と言ってる。

ただ、現在のポリコレ嵐の最中で『ミカド』も文化盗用と批判の声が上がり、上演を中止に追い込まれる例が増えてるみたいね。これはプッチーニの『蝶々夫人』もそう。

罪のないお芝居だし、当の日本人が自分らで演じているくらいなんだけどね。ちと神経質で息苦しい当世だわ。

皇族がイギリスに長期滞在する際、イギリス政府は気を遣って上演をしばらく慎んだりしたけど、当の皇族は寧ろ楽しみにしてたから残念に思ったとか、侮辱的な内容なのではと身構えてた日本人が、楽しい音楽とお芝居で、いい意味で予想を裏切られたと言ったり。

大ヒットになって百年先まで生き残った作品だから尚の事ね。

とは言え、よくよく見てみるとどう考えても日本は題材にされただけで、イギリス人がイギリス人のために書いた作品なのは明らかなので、段々と日本人も楽しむようになった。別に自分らが皮肉られてるわけではないからね。

日本ブームに乗った作品だけど、これも風刺劇で、『これは遠い日本を舞台とした話ですよ』という体裁で実際にはイギリスの当世を皮肉ってるのね。

観覧した当時の日本人は正直いい気がしなかったようで、駐英大使が『天皇が侮辱的に扱われてる』と上演中止を要請してるけど、聞き入れられず。

名前とか地名があからさまに日本的でないのが読んだだけでも分かる。また衣装や舞台セットも日本的な要素を思い切り誇張してて、外国人が思い描くフジヤマゲイシャハラキリ世界な日本感が強い。

当時(19c末)の一般的なイギリス人にとって、海の彼方の日本は御伽噺の国とさして変わらなかった。

サヴォイ・オペラの代表格である『ミカド』。都ティティプー(秩父)に住む美男の皇太子ナンキプーが父であるミカドの決めた婚約者が醜女だったんで身分を隠して美しい街娘ヤムヤムと恋仲になり、ひょんなことから一ヶ月後の処刑を条件に結婚する事になり……。というあらすじ。

「社会がこんな風に逆戻りするなんて思いもよらなかった。しかもこんなに速いスピードで」 www3.nhk.or.jp/news/special/i…

業務妨害行為とまで言えなくても、こんな不当な社会運動めいた「通報」活動によって忙しい大学生や大学職員の貴重な時間が奪われる。他方で、時間を奪う方にはそのような意識は微塵もなく、主観的「正義感」に基づき行動している
このような活動家への対応はただ1つだろう。「かかわらないこと」です

自分の表現内容にそぐわない大学生のツイートを批判することを越えて、その学生の所属大学に「通報」するなどというのは、「キャンセル・カルチャー」に似た行為だが、決定的な違いがある。学生は表現の自由という人権を行使しただけで、何も不祥事を起こしたわけではない。学生も大学職員も大迷惑です

5日経ってもイイネがこの数。
性被害の当事者でもないタレントを引っ張り出して、何をやりたいのかと思ったら、深田〝鬼滅の刃は邦画に貢献していないが売上の一部を日本版CNCに差し出せ〟晃司監督や北原みのり女史が続き、笑った。
お仲間を露出させるための企画。
見透かされてますよ、朝日新聞様。 twitter.com/asahicom/statu…

政治家になるなら、その声なき声をすくいあげて国会に伝える橋渡しをするのが仕事で、国民に声を上げろと煽るのはただのアジテーター。 twitter.com/sharenewsjapan…

平時ならわりと賛同を得られやすいけれど、今はウクライナのゼレンスキー大統領というTVコメディアンから出てきて政治キャリアゼロから突如立候補して大統領1期目という例があるので、「絶望とは・・・?」になっちゃうんだよな。 twitter.com/Eiko_Yamashita…

以前より女性の権利を制限する方向のフェミニズムは危険だと思っていたんですけど、一連のAV新法の動きを見て考えが360°変わりました。

よく「傷付いた!」等と喚く人達がいますが別に誰も貴方を傷付ける為に創ってる訳じゃありません。無論社会に作品を発表する以上、そう言われるリスクは引き受けるべきですが、そう叫ぶ人達中心の規制、法律の施行なんぞ論外です。書きたいテーマや世に広めたい事物があるんです。邪魔しないで下さい。

普段はなるべく政治的な事を呟かないようにしてますが、流石に今回は言います。自分は如何なる理由であれ創作物に対する表現規制に反対します。韓国では規制が原因で漫画文化が廃れてしまいましたし、アメコミは悲惨の一言です。せめて日本は法規制されない様に我々自身が積極的に動かねばいけません。

最近は大学生が、「炎上が怖くて自由に発言できない。自由に作品が作れない。」という話を聞く。学生は批判を気にせず自由に考えたり作ったりして欲しい。同時に、著名な大人が意見が異なる学生に対して「大学に通報します」はどう考えてもやりすぎの恫喝。

このTLに居る相互さん達のかなりの数が、幼い日の彼の様に自分の絵をこっそり描いては燃やす羽目になるのではないかと危惧しています。
貴方も、私も。

彼は日本で、結構性癖が尖ったエロ漫画家として活動をしているようです
乳牛の生涯を擬人化した漫画とか…( ˘ω˘)

どんなにアレな内容でも、日本だから存在を許されてる訳ですが
この先、韓国とかオーストラリアみたいに国連基準の表現規制法が制定されて逮捕者が出るようになったら。

そんな辛いことある……?
描く度自分で燃やすとか
辛過ぎる

その人が育った地域では、オタク趣味の男の子が可愛くてエッチな絵を描くなんてことは到底許されない空気があった

それでも、自分の表現を出力することは止められない。
だから、隠れて絵を描いては全部庭で燃やしていた。

生まれも育ちも生粋のアメリカ人だけど、エロ漫画を描きたいがために来日した人の話が切なかった

アメリカは男たるものマッチョなリア充であれという同調圧力が日本よりずっと強いし、キリスト教の模範意識が法律に影響する程度には浸透してる

どうせあれで傷つくキャリアがあるわけでもなし、ぽしゃったら次に行くだけだしねえ。。。頭痛い話だけど。一方で塩村議員はもう逃げられない立場ではあるし。このままだとあの人一人に全ての責任が飛んでくる感じよね。責任自体はあるんだけど、正直背負いきれるか?というのが。。。

なるほどね。。AV新法の件、選挙落ち着いたら間違いなく追い込みかかってくると思うし、業界団体は死活問題だから追及の手は緩めないだろうし、戦略上手くいけば多分追い込めるとは思う内容だよね。でも多分伊藤和子とか活動家の連中はもう責任取らずに逃げる気満々で。

AV新法推し進めた弁護士が、被害当事者からの「仕事がなくなった」という声を無視して議員に丸投げし、AV新法で得た様々な業務を「自分は博士論文を書かなきゃいけないから忙しいのは歓迎してない」などと被害者の神経逆撫でするようなことを平気で言えちゃうのが、弁護士であり、フェミニストである。

彩華「マスター、ひょっとしてまたルーたん先生をいじってます?」「(ギク)た、食べてないよ?!」 pic.twitter.com/8dmLmmIAkY

その違いを認識していないシャチョーさんが「うちの技術で世界に飛躍するんや!目指せ年商10億の一部上場企業!」とかぶち上げると、大抵「どうしてこうなった」な結末になります。