Twitter 牧村 衣玖崎 vc30109991 | 牧村 衣玖崎(vc30109991) / 2018年8月6日のツイート

イタリア人とサイゼリアで呑んだ。1.5リッター1000円のワインをガブ呑みし、これが正しいワインの呑み方だと力説する。フレッシュという種類の最も安いワインを水みたいに飲むのが正しい飲み方でグラスをクルクル回してウンチク語る奴はクルクルパーだそう。同感だ。異国の庶民と固い握手を交わした。

あとこれ三回目読み通して初めて気づいたのだけれど、章の分け方が100から減じていき、終幕と共に0になるの、前日譚として王道の描き方とはいえ本当にエモい・・・。物語中、主人公ボイルドの落下/加速のビジョンを軸として描かれる中で、この章分けはほんと・・・

地中海のレストラン"Barbouni"(ギリシャ)。風が吹くと天井がこんなにいい感じ。bit.ly/2Kvtz82 pic.twitter.com/XerLaHeNz4

ロボットが命乞いするのに電源を切れるかの話、日本だともっと高確率で切れない人が増えそう。タチコマやアイボやハロに命乞いされたら無理だよ。ペッパーくんなら切れるけど。

コミケに持ってくあの小さい折り畳みの椅子、先輩が戦国武将が座ってる椅子って言ってて笑ったしそのワードでググったら普通に出てくるし更に笑った pic.twitter.com/nuLAap1Y8Y

グラブル「坂本真綾を配布して坂本真綾をガチャに入れます」
FGO「坂本真綾を配布して坂本真綾をガチャに入れます」
グラブル・FGO「「え????」」

近所でよく見るこの信号機が設置されているの宮城県限定と知って衝撃を受けた。 pic.twitter.com/SKKPCq8ws7

イスラム教の「午後は休め。可能なら寝ろ」って決まりもそうだけど、暑い国の人は日中に無駄に動くとやばいって事をちゃんと知ってるんだよな。

結局は楽しんだもん勝ちだと思う。売れても楽しんでなきゃいつかきつくなっちゃう。自分も、自分を好きだって言ってくれる人も楽しいって思えるようなことをこれからもしていきたい。

ガソリンべらぼうに高ぇ!って思ったら人間様用だった pic.twitter.com/a7emubTekc

ついさっきまで、大暴れして仕事の妨害をしていたと思いきや、数分後にはコテッと寝ている。このように、子猫の毎日は分刻みのスケジュールなのである。(そして、この隙に仕事を進める) pic.twitter.com/uhbOQTjbak

自分が居なくなっても、「だいたいのことが出来るように」って思うのが愛情。自分が居なくなったら、「なんにも出来ないように」って仕向けるのが支配。一緒に居て「出来ることが増えてく」のが、相性の良い人。一緒にいるのに「あれは駄目、これは駄目」と出来ないことを増やすのが、合わない人。

「サマータイム制……それって…………帰る時間は……早くなるのか?」
「…………」
「帰る時間は早くなるのかよ!」
「……連れていけ」
「早くなるのかよ! おい! 答えろ!」

コインパーキングでサービス券入れて1円も払わずに出ようと思ったら、腕に巻いてたApple Watchが勝手に反応して決済されたので泣いてる pic.twitter.com/oxQB9BheY7

Twitterでいつぞや見かけた『公式が解釈違いだと感じ始めたら、それはもう自分がその作品のターゲット層ではないということ』を大事にしていこうな

※昔デジタル練習の際に描いてたもので低クオです。音声貼っ付けて供養 #にじさんじ pic.twitter.com/KOOMi3eZYf

俺スペイン人だから、1分2分遅れたら「さすがスペイン人」とか「ラテン系は時間守らない」と日本人によく言われますね。日本人は自分は時間を守る1位国だと思ってるけど、日本人はスタート時間しか守らない。5時半に終わる予定会議は7時半までに延長すると、俺にとって5分遅れるより酷いと思ってる。

わたしは7歳のときに ああこの人生は意味がないのだ と思って それからしばらく投げやりに生きてきたのですが 23歳くらいのときに物心がついて あっもしかしたらそんなことないかも と思い いまは30歳なのですが やっと自我が芽生えてきて日々バチギレしているような感じです