Twitter 游緋茜野 yuuhi_1008 | 游緋茜野(yuuhi_1008) /「ギルガメシュ叙事詩」の検索結果

ギルガメシュ叙事詩の物語終盤、ギルガメシュが不老不死の方法を求め、方舟の主ウトナピシュティムを訪問する。
このウトナピシュティムが方舟を建設した際に、大工たちに様々な報酬とともにワインを振舞ったことが記されている。
これが物語中に語られる最古のワイン描写とされている。

ギルガメシュ叙事詩の失われた一部を発見。博物館がクルディスタン地域で密輸業者から購入
goo.gl/zaaKZb

新たに発見された粘土板から、怪物フンババはエルキドゥの幼い頃の友人だったことが明らかに

ギルガメシュ叙事詩、ギルガメッシュがエンキドゥに花嫁の格好をさせて服を脱がせたあとの粘土板が欠損してるのほんと歴史のロマン。腹立つ。

ギルガメシュ叙事詩の『失われたかけら』が発見! 怪物フンババの真実がひとつ明らかになったぞ - Togetter togetter.com/li/883242 @togetter_jpより

Epnbx6gn reasonably small
游緋茜野@yuuhi_1008

ギルガメシュ叙事詩のかけた部分も発見されたし、マジで平成最後の年半端ないな

三年前に見つかった時の活況の模様はこちらを。

ギルガメシュ叙事詩の『失われたかけら』が発見! 怪物フンババの真実がひとつ明らかになったぞ - Togetter togetter.com/li/883242 @togetter_jpさんから

いま、絶版になっている岩波書店『ギルガメシュ叙事詩』月本昭男訳。先日、古代オリエント博物館様 @aom_tokyo 訪問時に5代目館長の月本様に確認してきました。ご存知の通り、三年前にギルガメシュ叙事詩に関する新たな粘土板文書が発見されたため、それも補完して再販したいとのこと。楽しみですね。 pic.twitter.com/PbuhDfeMqr

この本開始即ギルガメシュ王とエンキドゥの話なんだけどギルガメシュ叙事詩の描写を挙げて「こんなに仲良かったんだから肉体関係あったでしょ(意訳)」というそこらの腐女子みたいな理論ブチ込んできてクラクラする アキレウスの遺灰は愛人(男)の遺灰と混ぜて死後も一つになれるようにしたんだって……